水素自動車

水素自動車ニュースヘッドライン 2020/02/28

価格.com – レクサス ES に2020年型、デジタルミラーを欧州初設定

レクサスの欧州部門は、『ES』(LexusES)の2020年モデルに「デジタルアウターミラー」を欧州初設定し、実車を3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2020で初公開すると発表した。◆カメラで撮影した映像をフロントピラーの5…
https://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=92326/
2020/02/28 11:30

水素自動車ニュースヘッドライン 2020/08/05「韓国版ニューディールは機会の扉」…財界ランキング11~20位圏での激変を予想(ハンギョレ新聞) - Yahoo!ニュース  韓国政...

フォルシア、現代のFCトラックへ水素貯蔵システムを供給 | レスポンス(Response.jp)

自動車部品大手の仏フォルシアは、現代自動車から燃料電池自動車(FCV)水素貯蔵システムの大型契約を受注したと発表した。
https://response.jp/article/2020/02/28/332124.html
2020/02/28 11:30

東京都「ZEV普及プログラム」に電気自動車ユーザー目線で5つの提言 | EVsmartブログ


2020年2月21日、東京都の小池知事が不動産業者などに「街なかや商業施設の駐車場などに急速充電器の整備」を求めたというニュースが報じられました。電気自動車ユーザー目線で考えてみます。
https://blog.evsmart.net/electric-vehicles/opinion-tokyo-zev-promotion-program/
2020/02/28 09:04

水素自動車ニュースヘッドライン 2019/12/09アウディスポーツ代表、モータースポーツ完全電動化に否定的「馬を使った競技のように生き残る」(2019年12月9日)|BIGLOBEニュー...

レクサス ES に2020年型、デジタルミラーを欧州初設定…ジュネーブモーターショー2020で発表へ | レスポンス(Response.jp)

◆カメラで撮影した映像をフロントピラーの5インチディスプレイに表示 ◆デジタルアウターミラーはハイブリッドに設定 ◆第2世代の「レクサス・セーフティシステム+」
https://response.jp/article/2020/02/28/332118.html
2020/02/28 07:30

FCEXPO開催、現代自が水素技術披露 – NNA ASIA・韓国・自動車・二輪車

現代自動車は26日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開幕した「水素・燃料電池展」(FC EXPO)に韓国自動車メーカーとして初めて出展し、水素で走る燃料電池車(FCV)技術を活用した次世代エネルギー技術…
https://www.nna.jp/news/show/2012668
2020/02/28 00:00

RELATED POST
水素自動車

水素自動車ニュースヘッドライン 2020/03/21

  • 【放置厳禁!! これをやればクルマの寿命が伸びる!!】冬場を乗りきった春の愛車ケア術 | 自動車情報誌「ベストカー」
  • 稀代のハイブリッドスポーツ! ホンダ CR-Zはなぜ一代限りとなったのか!? 【偉大な生産終了車】 | 自動車情報誌「ベストカー」
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン
水素自動車

水素自動車ニュースヘッドライン 2019/12/03

  • ファッションとクルマを融合。WTCRをリードする『リンク&コー』はどんなブランド!? ジーリー副代表に聞く(2019年12月3日)|BIGLOBEニュース
  • 「蓄電池」関連がランキング3位、EV関連と並走する有力テーマ<注目テーマ> - 株探
  • 他1件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン
水素自動車

水素自動車ニュースヘッドライン 2020/09/22

  • 全翼機やプロペラも エアバス、ゼロエミッション旅客機を2035年実現へ
  • 日本企業が韓国を特許侵害や鉄鋼輸出で攻撃開始、怒らせると日本はここまで恐ろしい国になると思い知るがいいw|多々野親父|note
  • 他1件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン
水素自動車

水素自動車ニュースヘッドライン 2020/04/22

  • 【孤高のロータリースポーツ】マツダはなぜRX-8を生み出せたのか!? | 自動車情報誌「ベストカー」
  • ダイムラーとボルボ、燃料電池量産に向けて合弁設立…2020年代後半に実用化へ | レスポンス(Response.jp)
  • 他3件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン