新車情報

新車情報ニュースヘッドライン 2020/02/20

グレード別にチェック!スズキ「スイフト」の新車と中古車の価格相場|@DIME アットダイム


どこか欧州車の香りがする小粋なクルマ、スズキの『スイフト』。小型車の購入を考えている人には気になる車種だろう。また、他車を検討している人も、ライバル車の動向は気になるもの。そこで、スズキ『スイフ…
https://dime.jp/genre/839488/
2020/02/20 18:07

新車情報ニュースヘッドライン 2020/01/03【スクープ】インテリアが激写された「BMW iNEXT」のプロトタイプ、市販時の車名は「iX5」で決まり?(LE VOLANT CARS...

フューチュラ2000がBMWをキャンバスにペインティング。スポーツモデル「M2コンペティション」のスペシャル仕様を発表(carview!) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 – carview!


独BMWは2月13日、グラフィティアーティストの「FUTURA(フューチュラ) 2000」とコラボした「M2コンペティション」の特別仕様車を発表した。最高出力410hp、最大トルク550Nmを発生するストレート6エンジンをフロントに押…
https://carview.yahoo.co.jp/article/detail/3967df3a0e6beb52bbdebd4b7d3d1682dd1e1739/
2020/02/20 17:30

【クルマの価値観が大きく変わる!?】激増中!! 話題の月額定額サービス 損と得 | 自動車情報誌「ベストカー」


【クルマの価値観が大きく変わる!?】激増中!! 話題の月額定額サービス 損と得 |  最近はクルマの定額制(サブスクリプション)サービスが積極的に展開されている。  2019年2月には、トヨタが定額制で利用できる「KINTO」を発表した。月額料金を支払うことで、トヨタの新車を3年間使用できるサービスだ。  KINTOはその後、対象車種を加えたり制度の見直しを行っている。
https://bestcarweb.jp/news/128799
2020/02/20 13:00

新車情報ニュースヘッドライン 2020/05/21ポルシェ、注文した新車の生産状況がリアルタイムで確認可能に…アプリとウェブで | レスポンス(Response.jp) ポルシェ(P...

2019年の新車販売台数、4年ぶりに目標の60万台を超える(マレーシア) | 地域・分析レポート – 海外ビジネス情報 – ジェトロ


マレーシアの2019年の新車販売台数は前年比1.0%増の60万4,300台となり、2015年以来、4年ぶりに60万台を超えた。第2国民車のプロドゥアは過去最高の販売台数を達成し、約4割のシェアを占めた。2020年は国家自動車政策の改定版(NAP2020)の発表が予定される一方、自動車課税制度の再構築など動きがありそうだ。
https://www.jetro.go.jp/biz/areareports/2020/1ef4b37f4dd3d315.html
2020/02/20 11:42

新型アウディ A1スポーツバックはスポーツクワトロ気分が楽しめる好バランスコンパクト(carview!) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 – carview!


快晴の2月某日、毎年恒例のJAIA(日本自動車輸入組合)主催の輸入車試乗会が神奈川県の大磯プリンスホテルで開催されました。短時間ではありますが、carview!編集が試乗してきた、輸入車ブランドのさまざまな試乗車の中から、注目モデルの…
https://carview.yahoo.co.jp/article/detail/41a17c1c468f3c3cdb2a1c9bf954a54d94599268/
2020/02/20 11:15

新車情報ニュースヘッドライン 2019/12/16【レヴォーグ&スイフトに特別仕様登場!!】 2019年末年始 怒涛の新車&改良モデル情報 10選 | 自動車情報誌「ベストカー」 【...

タウ、オンライン事故車査定サービスを開始…従来の半分の期間で買い取り | レスポンス(Response.jp)


タウは2月19日、業界初のサービス「オンライン事故車査定システム」について説明会を開催し、3月初旬からサービスを開始すると発表した。これによって、これまで買い取り完了まで約2週間かかっていた日数を約半分の1週間に短縮できるという。
https://response.jp/article/2020/02/20/331877.html
2020/02/20 09:52

【過去最高に驕りはないか!?】熟成期に入ったレクサスの苦悩と明るい未来 | 自動車情報誌「ベストカー」


【過去最高に驕りはないか!?】熟成期に入ったレクサスの苦悩と明るい未来 |  2020年2月、レクサスは昨年の世界新車販売実績を発表した。それによると総販売台数は76万5330台。前年比10%増、過去最高の成績となった。  2019年1~12月の主要地域別の販売実績を見ると、北米では約32.5万台(前年比100%)とほぼ横這いながら、中国は約 20.2万台(前年比
https://bestcarweb.jp/news/entame/128833
2020/02/20 07:00

RELATED POST
新車情報

新車情報ニュースヘッドライン 2020/02/29

  • ロードスター 初代を限りなく「新車」に近づける…“人馬一体”を取り戻すマツダのレストア | レスポンス(Response.jp)
  • 【エスティマ、キューブだけじゃない】2019&2020年にひっそりと生産終了した&するクルマたち | 自動車情報誌「ベストカー」
  • 他3件
自動車関連ニュースヘッドライン