電気自動車

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2020/02/03

Contents

パナ、中国市場低迷で減収 4~12月期、テレビも苦戦|高知新聞

 パナソニックが3日発表した2019年4~12月期連結決算は、売上高が前年同期比5・4%減の5兆75…
https://www.kochinews.co.jp/article/342991/
2020/02/03 20:44

所沢温泉 湯楽の里
【現地レポ】所沢温泉 湯楽の里にいってきました。スタッフの対応よし。料金安め。地元密着。客のマナーが悪いのが気になりました。 湯楽はもうすこし行きやすいところにつくってくれればいいの...

三菱自動車が埼玉県&神戸市と「災害時協力協定」を締結。アウトランダーPHEVなどの電動車を提供|MotorFan[モーターファン]


2月3日、三菱自動車は埼玉県と兵庫県神戸市、またそれぞれの地域に拠点を置く三菱自動車系列の販売会社との間で、「災害時協力協定」を締結したと発表した。三菱自動車は災害時に電動車を速やかに自治体に貸与できる体制づくりを目指す「DENDOコミュニティサポートプログラム」を推進中で、1月末で提携自治体数は21となった。
https://motor-fan.jp/article/10013511
2020/02/03 19:18

三菱自動車、埼玉県・神戸市と災害時協力協定を締結 | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)


TOKYO, Feb 3, 2020 – ( JCN Newswire ) – 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は1月31日、埼玉県(大野元裕知事)と兵庫県神戸市(久元喜造市長)、またそれぞれの地域に拠点を置く三菱自動車系列の販売会社各社※…
https://www.asahi.com/and_M/pressrelease/pre_9500912/
2020/02/03 19:17

GOTO キャンペーンは、温泉にドライブで。県外移動の心得も!コロナ復興!温泉へ行こう!GO TOキャンペーンは2020年8月開始か!温泉地や旅先は安全なのか取り組み紹介!人気温泉の対策や県外移動の...

イーロン・マスクがフランクに本音を語る最新インタビューサマリー | EVsmartブログ


『Third Row Tesla』というテスラファンのチームが、イーロン・マスクにロングインタビューを行い、Youtubeに動画をアップ。自身の生い立ちからビジネスまで幅広いトピックについて、パート1の動画のサマリーをお届けします。
https://blog.evsmart.net/electric-vehicles/thirdrowtesla-elon-musk-interview-1/
2020/02/03 18:38

GOTO キャンペーンは、温泉にドライブで。県外移動の心得も!コロナ復興!温泉へ行こう!GO TOキャンペーンは2020年8月開始か!温泉地や旅先は安全なのか取り組み紹介!人気温泉の対策や県外移動の...

イーロン・マスクがフランクに本音を語る最新インタビューサマリー | EVsmartブログ


『Third Row Tesla』というテスラファンのチームが、イーロン・マスクにロングインタビューを行い、Youtubeに動画をアップ。自身の生い立ちからビジネスまで幅広いトピックについて、パート1の動画のサマリーをお届けします。
https://blog.evsmart.net/electric-vehicles/thirdrowtesla-elon-musk-interview-1/
2020/02/03 18:20

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2019/11/10ポルシェ初のEV「タイカン」 加速力に最上の快適さ|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE ポルシェ初のピュア電気自動車「...

【今年は軽の覇権争いが面白い!!! ほか】 日産 トヨタ ホンダほか 2020年のニューモデル戦略が見えてきた!!! | 自動車情報誌「ベストカー」


【今年は軽の覇権争いが面白い!!! ほか】 日産 トヨタ ホンダほか 2020年のニューモデル戦略が見えてきた!!! |  2019年10月にマイナーチェンジを果たしたホンダのN-BOX。そのN-BOXを2019年11月の新車販売台数で抜きトップに立ったタントが、その首位をキープすべく特別仕様車をスタンバイ。
https://bestcarweb.jp/news/124523
2020/02/03 17:00

本格成長期に入った2次電池産業(前):【公式】データ・マックス NETIB-NEWS

2次電池とは充電して繰り返し使える電池のことで、現在ではリチウムイオン電池が主流となっている。その要因としてリチウムは高い電圧を実現でき、限られたスペースで多くの電気を貯められ、素早く出力することができることが挙げられる。
https://www.data-max.co.jp/article/33895
2020/02/03 15:00

「世界の電気自動車用ワイヤレス充電市場:電源別、用途別、流通チャンネル別、コンポーネント別、充電システム別、推進別、車両種類別、地域別」市場調査レポートを取扱開始:ドリームニュース – Miyanichi e-press

2020年2月3日H&Iグローバルリサーチ株式会社*****「世界の電気自動車用ワイヤレス充電市場:電源別(3- <11、11-50、&> 50 KW)、用途別(ホーム&コマーシャル)、流通チャンネル別(アフターマーケット…
https://www.the-miyanichi.co.jp/special/dreamNews/detailep.php?id=0000209503
2020/02/03 16:00

全米の研究機関に送られる“ミニカー”が、自動運転技術の進化を加速させる|WIRED.jp


ここ数年、研究や教育の場でミニカーが大活躍している。ある研究グループは、米国立科学財団(NSF)から150万ドル(約1.6億円)の研究助成金を得て、改造したミニカーを米国の各地にある研究機関に送り始めた。その目的は
https://wired.jp/2020/02/03/small-cars-help-drive-autonomous-future/
2020/02/03 11:30

テスラの時価総額が1000億ドルを突破 | HYPEBEAST.JP

米電気自動車メーカー Tesla の時価総額が1000億ドルを突破: 第4四半期も好調の勢いは衰えず
https://hypebeast.com/jp/2020/2/tesla-market-value-record-high-4th-quarter
2020/02/03 11:15

中国CATL、米テスラとEV向け電池の供給契約を締結 – ロイター


中国電気自動車(EV)向け電池最大手の寧徳時代新能源科技(CATL)は3日、米電気自動車(EV)大手テスラと電池の供給契約を結んだと明らかにした。
https://jp.reuters.com/article/tesla-catl-battery-electric-idJPL4N2A30O8
2020/02/03 11:00

水素に未来はあるのか? (1/4) – ITmedia ビジネスオンライン


「内燃機関が完全に滅んで、100%全てのクルマがEVになる」という世界は、未来永劫来ないだろう。そのエネルギーミックスの中にまさに水素もあるわけだが、FCVにはいろいろと欠点がある。しかし脱化石燃料を目標として、ポスト内燃機関を考え、その候補のひとつがFCVであるとするならば、化石燃料の使用を減らすために「化石燃料由来の水素」に代替することには意味がない。だから水素の製造方法は変わらなくてはならない。また、700気圧という取り扱いが危険な貯蔵方法も変化が必要だ。 (1/4)
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2002/01/news007.html
2020/02/03 07:00

連載「勝機到来」(15)NTN 大久保 博司 取締役代表執行役執行役社長CEO|部品・素材|紙面記事

ハブベアリングの大手メーカーであるNTNは、既存製品の拡販と電気自動車(EV)向け製品で、グローバルでの存在感をさらに高める。EV向けでは中国を中心に採用を拡大する。大久保博司社長は「(次世代自動車…
https://www.netdenjd.com/articles/-/227450
2020/02/03 05:13

「名経営者」はどこで間違ったのか ゴーンと日産、20年の光と影 – M&A Online

保釈中の国外逃亡でまたも話題になった、カルロス・ゴーン前日産会長。経営者としてのゴーン前会長の軌跡を追い、どこが「失敗」のターニングポイントになったのかを詳しく分析した一冊だ。「失敗」について具体的な検証をしているので内容には説得力がある。
https://maonline.jp/articles/book82
2020/02/03 05:49

GMがデトロイトの組立工場をEV専用工場に転換、22億ドルを投資 | 日経 xTECH(クロステック)

 米GM(General Motors)は2020年1月27日、デトロイト・ハムトラック(Detroit-Hamtramck)生産拠点に22億ドルを投資し、ピックアップトラックやSUVといったライトトラック・カテゴリーの電気自動車(EV)を生産する工場に変えると発表した。同拠点は同社で初めてのEV専用組立工場となる。同社のライトトラックで最初のEVになるのは北米市場で人気のピックアップトラックで、2021年後半に生産を始める予定。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/06968/
2020/02/03 05:00

マスク氏も踊る テスラ株高騰は「つかの間の春」か:日経ビジネス電子版


テスラ株が高騰を続けている。1月29日に2四半期連続となる黒字決算を発表。高騰に拍車がかかりそうだ。だが、この高騰はテスラの本質を反映しているのか。アナリストの見解や決算データを基に分析する。
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00019/013000138/
2020/02/03 05:08

現代モービス営業益16%増、電動車向け好調 – NNA ASIA・韓国・自動車・二輪車

韓国の現代自動車グループの部品メーカー、現代モービスは1月30日、2019年の連結営業利益が2兆3,593億ウォン(約2,158億円)で前年比16.5%増加したと発表した。売上高も8.2%増の38兆488億ウォンだった。 業績好…
https://www.nna.jp/news/show/2002550
2020/02/03 00:03

電気自動車の関税率、4月から引き上げ – NNA ASIA・インド・自動車・二輪車

インド政府は1日、電気自動車(EV)の輸入関税率を4月から引き上げると発表した。上げ幅は5~15%だ。エコノミック・タイムズ(電子版)が伝えた。 2020/21年度(20年4月~21年3月)予算案に税率の改定が盛り…
https://www.nna.jp/news/show/2002835
2020/02/03 00:05

RELATED POST
電気自動車

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2020/03/11

  • 自動車春闘、脱「ベア偏重」のなかトヨタベアゼロショック 「波及せず」も影響は - 産経ニュース
  • 最新ターボQ&A ターボチャージャーで何ができるか?ターボの老舗、ボルグワーナーの過給テクノロジー|MotorFanTECH[モーターファンテック]
  • 他12件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン