電気自動車

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2020/01/12

PHEVをそろそろ真剣に検討できる? 輸入車セダン市場に割って入るボルボ S60の魅力 | GQ Japan


2025年までに販売台数の50%をEVに、それ以外をPHEVにするとの目標を掲げているボルボ。遠い未来のようだが、もう5年後の話だ。そんななか、ボルボが投入したS60はPHEVへの乗り換えを真剣に考えられる完成度を持っていた。
https://www.gqjapan.jp/cars/article/20200112-volvo-s60
2020/01/12 21:00

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2019/11/07第25回 日本EVフェスティバル開催〜合い言葉は「CO2ゼロ&アクセル全開!」 | EVsmartブログ 2019年11月3日(日)...

丸紅 中国EVベンチャーのバイトンと資本提携|自動車メーカー|net+

丸紅は、中国の電気自動車(EV)のメーカーのバイトンと資本業務提携することで合意したと発表した。丸紅は戦略的パートナーとしてモビリティ事業やEVバッテリーマネジメント事業、海外事業を中心に協業する。…
https://www.netdenjd.com/articles/-/226310
2020/01/12 21:49

アマゾンが車販売に本腰 ARで検討中の車を自宅にお持ち帰り【CES2020】:日経クロストレンド


米アマゾン・ドット・コムは世界最大のデジタル技術見本市「CES」で、自動車販売の近未来コンセプトを示した。実店舗やイベントで検討したカスタマイズ内容を自宅に持ち帰ってAR(拡張現実)で確認できる。自動車メーカーや販売店向けにマーケティング機能も提供する。
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00264/00023/
2020/01/12 17:50

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2019/11/08電気自動車から給電「Welcome Heart Tree」お台場パレットタウンで点灯式 | JBpress | kinora(キノーラ...

F1 | 2025年の次世代F1エンジンは2ストローク化? 【 F1-Gate.com 】


F1は、2025年まで現行のV6ターボハイブリッドのパワーユニットを継続するという決定を受け、次世代のエンジンの検討プロセスを開始。F1のチーフテクニカルオフィサーを務めるパット・シモンズは2ストレロークエンジンがその答えになるかもしれないと語る。2ストロークエンジンは、船外機、小型自転車、芝刈り機で使用されることで一般的に知られている。しかし、パット・シモンズはかつての2ストロークの問題はもはやなっており、効率性とエンジンノイズに関してはるかに優れていると語る。
https://f1-gate.com/f1car/f1_54463.html
2020/01/12 13:05

「マイルドハイブリッド」はエンジンだけで走る“名ばかり”エコカー? ハイブリッド車と違う点(Auto Messe Web) – Yahoo!ニュース


最近よく耳にする「マイルドハイブリッド」機構。新開発ガソリンエンジン”SKYACTIV-X”(スカイアクティブ-X)を搭載するマツダ3や、スズキのハスラーやワゴンRなど、採用車種が増加中だが、いわゆ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200112-00010004-amweb-bus_all
2020/01/12 10:47

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2019/11/02東京モーターショー2019:日産の「アリア コンセプト」は市販化予定の次世代EV - Engadget 日本版 現在開催中の東京モー...

ボルボ、電気自動車戦略の裏側に描く計画。地球環境保護に向けた取り組みとは?

 「再生可能エネルギーへのシフトを見据えた投資にしか、人類に残された手段はありません」。そう話すのは、自動車大手のボルボ・カーズのホーカン・サムエルソンCEOです。2019年に同社初となる100%電気自動車「XC40 リチャージ」の発表を行ったボルボ。電気自動車化を推し進める今後の取り組みについて、CEOに聞きました。
https://www.esquire.com/jp/car/car-news/a30452254/volvos-plan-to-help-save-earth-20200111/
2020/01/12 08:00

価格.com – ジャガー Fタイプ 改良新型の受注開始…エクステリアを刷新

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、エクステリアを刷新したジャガー『Fタイプ』改良新型の受注を1月9日より開始した。Fタイプ改良新型は、エクステリアデザインが大きく変化。ひと目でジャガーとわかる佇まいを受け継ぎつつ、より筋肉質でドラマチ…
https://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=91012/
2020/01/12 06:45

今年のトヨタ、何がある? 五輪、販売改革、節目の年に:朝日新聞デジタル

 「100年に一度の変革期」とされる自動車業界で、国内最大手のトヨタ自動車の動きが激しさを増している。2020年は、「次世代都市の建設」の発表で幕を開けた。どんな一年になるのだろうか。■「次世代都市」…
https://www.asahi.com/articles/ASMDW3PSRMDWOIPE003.html
2020/01/12 07:00

東京オートサロン2020(メルセデス・ベンツ) 内装・外装など41枚 【画像・写真】 – webCG


メルセデス・ベンツ日本は東京オートサロン2020のブースに電気自動車「EQC」や、ハイパフォーマンスモデル「AMG」の最新ラインナップのほか、SUPER GTに参戦するレーシングマシンなどを展示。ブースを彩るさまざまな車両を写真で紹介する。
https://www.webcg.net/articles/gallery/42259
2020/01/12 04:30

湯布院でEV実証事業〝発進〟

 由布市湯布院町で11日、時速20キロ未満で公道を走る4人乗り以上の電気自動車(EV)「グリーンスローモビリティ」の実証事業出発式があった。多くの観光客が訪れる由布院温泉の渋滞解消に加え、環境保全活動 …
https://www.47news.jp/localnews/4407563.html
2020/01/12 03:01

Apple、iPhone分解ロボット「Daisy」技術の外部提供も検討 – iPhone Mania

  AppleはiPhoneなどを分解し、製品に含まれている鉱物をリサイクルすることで、新たに発掘する鉱物をゼロにすることを目標にしています。さらに、iPhoneの分解に使っているロボット「Daisy」の技術を他社に提供することも検討しています。 鉱物資源の完全リサイクルを目指すApple
https://iphone-mania.jp/news-271505/
2020/01/12 01:42

RELATED POST
三菱自動車が箱根町(神奈川県)と「災害時協力協定」を締結。災害時はエヴァンゲリオンの「特務機関NERV災害対策車両」が出動! |SUV・クロカン|MotorFan[モーターファン]
電気自動車

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2020/09/01

  • 三菱自動車が箱根町(神奈川県)と「災害時協力協定」を締結。災害時はエヴァンゲリオンの「特務機関NERV災害対策車両」が出動! |SUV・クロカン|MotorFan[モーターファン]
  • スイスは交通分野のエネルギー・シフトを成し遂げられるのか - SWI swissinfo.ch
  • 他10件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン
電気自動車

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2020/06/11

  • 電気自動車テレマティック市場の成長と2020年から2026年までの技術進歩| Agero、Airbiquity、Continental、TomTom International、Bosch、Trimble – Movie bank online
  • マウザー、アナログ・デバイセズ社と共同で、重要性の高まる蓄電ソリューションに関するeBookを公開:時事ドットコム
  • 他23件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン
電気自動車

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2020/02/05

  • テスラ今年、電気の優位性ですでに倍増しています(2) - Bloomberg
  • KOA(6999)の株価は高値から3分の1も、EVや自動運転の普及で業績拡大が期待。短期は厳しいが1年以内に底打ちし、長期で買いか|超成長株投資で資産10倍計画!|ザイ・オンライン
  • 他15件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン