自動車

自動車関連ニュースヘッドライン 2020/01/05

自動車、ダカール・ラリー開幕 初の中東開催、サウジで|高知新聞

 昨年までの南米開催から初めて中東に舞台を移した自動車のダカール・ラリーが5日、サウジアラビアで開幕…
https://www.kochinews.co.jp/article/335940
2020/01/05 20:51

GOTO キャンペーンは、温泉にドライブで。県外移動の心得も!コロナ復興!温泉へ行こう!GO TOキャンペーンは2020年8月開始か!温泉地や旅先は安全なのか取り組み紹介!人気温泉の対策や県外移動の...

自動車メーカーになった男──想像力が全ての夢を叶えてくれる。第13回 | GQ Japan


前回までのあらすじ──オリジナルブランドとして発足したトミーカイラの発展は日産とのプロジェクトなくして語ることはできない。日産との協業で富田は異次元の世界を垣間みる。中古車屋の社長が大企業の商品開発に関わるという前代未聞の事態はさまざまな化学反応をおこし、結果的にトミーカイラが飛躍する足がかりとなっていく。きっかけは7代目スカイラインだった。
https://www.gqjapan.jp/cars/article/20200105-yoshikazu-tomita-no13
2020/01/05 21:30

サウジでダカール・ラリー開幕 自動車:時事ドットコム

自動車の2020年ダカール・ラリーが5日、サウジアラビアで開幕した。西部のジッダをスタートし、キッディヤにゴールする全12ステージで総走行距離7500キロ以上。19年まで開催された南米から初めて中東に舞台を移し、サウジアラビア1カ国での開催となる。 四輪部門を昨年初制覇したトヨタは、元F1総合王者のフェルナンド・アロンソ(スペイン)らがハイラックスで参戦し、トヨタ車体の三浦昂(トヨタ・ランドクルーザー)は市販車クラスに臨む。トラック部門には菅原照仁(日野レンジャー)らが出場。(時事)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020010500240&g=spo
2020/01/05 15:21

自動車関連ニュースヘッドライン 2019/11/04【「非力」だなんて言わせない!!】NAでも楽しめて速い歴代軽スポーツ 3選 | 自動車情報誌「ベストカー」 【「非力」だなんて言わせ...

我が国の自動車産業、国際競争力は「もはや韓国を超えた!」、だが日独には・・・=中国-サーチナ

中国メディアは、中国商務部はこのほど「中国自動車産業の国際競争力は韓国を超えた」とする報告書を発表したと伝えた。(イメージ写真提供:123RF) (村山健二)
http://news.searchina.net/id/1685686
2020/01/05 11:12

ホンダ社長の目には今後もずっとエンジン車が主役の未来が見えるらしい | EVsmartブログ


『CleanTechnica』が、ホンダの八郷隆弘社長がインタビューに答えた内容を伝えています。はたして、日本を代表する自動車メーカーのトップが、自動車の将来にどんなビジョンをもっているのか。全文翻訳でご紹介します。
https://blog.evsmart.net/electric-vehicles/honda-hachigo-ceo-interview/
2020/01/05 11:23

自動車関連ニュースヘッドライン 2020/07/24青春真っ盛りの「一汽」_中国国際放送局  自動車工業で中国初の企業である第一自動車グループ(一汽)は7月23日、同社と「同い年」の習...

【2020年に見ておきたい】自動車イベント選(海外編 2月〜8月) – ニュース | AUTOCAR JAPAN


もくじ ーレトロモビル(フランス)ーツアーオート・オプティック2000(フランス)ーミッレ・ミリア(イタリア)ーヴィラ・デステ・コンクール(イタリア)ーグッドウ …
https://www.autocar.jp/news/2020/01/05/457839/
2020/01/05 09:39

【2020年に見ておきたい】自動車イベント選(海外編 2月~8月)(AUTOCAR JAPAN) – Yahoo!ニュース


text :Kazuhide Ueno(上野和秀)photo:Retromobile、RENAULT、PETER AUTO、1000Miglia、BMW、ASTON MARTIN、Ferrari、L
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00457839-autocar-ind
2020/01/05 09:35

展望2020:自動車の主要市場は伸びず、貿易問題と環境費重荷に – ロイター

2020年も自動車業界の先行き不透明感は強い。世界の景気減速リスクは拭えず、主要市場の新車販売は伸びが見込めそうにない。対米貿易問題では来秋の米大統領選挙を前にトランプ氏の揺さぶりも懸念され、環境対応の費用や最新技術への投資負担が自動車メーカー各社に重くのしかかる。収益環境は一段と厳しくなりそうだ。
https://jp.reuters.com/article/outlook-auto-idJPKBN1YT07K
2020/01/05 08:13

RELATED POST
自動車

自動車関連ニュースヘッドライン 2019/12/20

  • 「バイアスタイヤ」と「ラジアルタイヤ」の特徴と違い【自動車マメ知識】(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
  • 「バイアスタイヤ」と「ラジアルタイヤ」の特徴と違い【自動車マメ知識】(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
  • 他20件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン
自動車

自動車関連ニュースヘッドライン 2020/04/03

  • トヨタ自動車が第66回「大河内記念生産賞」を受賞! 工場環境と製品機能の向上を両立したアルミ鋳造技術を開発|MotorFan[モーターファン]
  • 【自動車保険】弁護士費用特約って必要? 3つの「不要な理由」と2つの「付けていると有利なケース」を紹介(マネーの達人) - Yahoo!ニュース
  • 他17件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン