自動車

自動車関連ニュースヘッドライン 2020/01/01

Contents

〈自動車生産・流通・行政特集〉〈インタビュー〉日本自動車工業会 豊田章男会長|自動車メーカー|紙面記事


東京モーターショーでは130万人のお客様にご来場いただくことができました。一方、せっかくお越しいただいたお客様にご不便もかけてしまいました。ただ、各社が所有するバスを持ち寄るなど、そうした時に自動車…
https://www.netdenjd.com/articles/-/225775
2020/01/01 22:07

湯屋敷考楽
今週のドライブ「湯屋敷考楽」(さいたま) さいたま・湯屋敷考楽|コロナ解禁ニューアル後初訪問!平650休750の通い湯として高められた施設!しかしサウナー向けになった外風...

楽しみ?ガッカリ?どうなる自動車業界!? 2019年に出てきた課題と2020年の希望(くるまのニュース) – Yahoo!ニュース


トヨタの豊田章男社長が「自動車業界は100年に一度の変革期を迎えた」と言っている中、自動車ビジネスに対し消極的なメーカーも出てきたようです。そうしたメーカーは早くも販売台数を落とし始めてしまっていま
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200101-00212993-kurumans-bus_all
2020/01/01 19:10

【2020年に見ておきたい】自動車イベント5選(日本編 1月~6月) – ニュース | AUTOCAR JAPAN


もくじ ーモースポフェス2020鈴鹿ー東京オートサロン2020ー東京ベイサイド・クラシック・カップ(TBCC)ージャパン・クラシック・オートモービルールノー・カ …
https://www.autocar.jp/news/2020/01/01/458354/
2020/01/01 16:56

所沢温泉 湯楽の里
【現地レポ】所沢温泉 湯楽の里にいってきました。スタッフの対応よし。料金安め。地元密着。客のマナーが悪いのが気になりました。 湯楽はもうすこし行きやすいところにつくってくれればいいの...

エンジン博士畑村耕一「過給リーンバーンの技術競争が始まった」:自動車用パワートレーンの将来:マツダSKYACTIV-Xの評価は?|MotorFan[モーターファン]


マツダでミラーサイクル・エンジン開発を主導したエンジン博士の畑村耕一博士(エンジンコンサルタント、畑村エンジン開発事務所主宰)が、2020年のスタートにあたり自動車用パワートレーンの将来:2020年の年頭に当たって」を寄稿してくださった。年初の恒例となった畑村博士のエンジンの専門家としての意見、視点をぜひご覧になっていただきたい。 TEXT◎畑村耕一(Dr.HATAMURA Koichi)
https://motor-fan.jp/article/10013020
2020/01/01 14:21

三菱自動車、2020年の“絶景初日の出”の出現確率を予測する新サービス「絶景初日の出NAVI」を開始(Auto Messe Web) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 – carview!

全国90箇所のスポットを網羅した「週末探検家」にて公開 三菱自動車は、2020年の”絶景初日の出の出現確率を予測する”という新サービス「絶景初日の出NAVI」を開始。ダイヤモンド初日の出などが見られる、全国90箇所のスポットを網羅したWEB…
https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/78b47fdc7e4bdc711f8b0c6dd13737226c7c3538/
2020/01/01 12:41

GOTO キャンペーンは、温泉にドライブで。県外移動の心得も!コロナ復興!温泉へ行こう!GO TOキャンペーンは2020年8月開始か!温泉地や旅先は安全なのか取り組み紹介!人気温泉の対策や県外移動の...

トヨタチーフエンジニアが語る、燃料電池自動車の価値–EV時代にみる水素のメリット – CNET Japan

TOYOTAは、東京モーターショー2019のMEGA WEB会場で開催された「FUTURE EXPO」にて、燃料電池自動車「MIRAI Concept(ミライ・コンセプト)」を初公開した。TOYOTAは、MIRAIを通じて燃料電池自動車の普及に取り組んでいるが、同時に電気自動車(EV)にも力を入れている。さらには従来のリチウムイオン電池に代わる「全固体電池」にも取り組んでおり、そうした中でなぜ燃料電池なのか。チーフエンジニアの田中義和氏に思いを聞いた。
https://japan.cnet.com/article/35147452/
2020/01/01 10:00

〈自動車生産・流通・行政特集〉〈国内マーケット展望〉補修部品|カー用品・補修部品|紙面記事


補修部品は、欧州標準(EN)規格のバッテリーの交換需要がより一層高まりそうだ。バッテリー全体の比率でみると、EN規格バッテリーが占める割合は未だ高いとはいえないものの、販売数は確実に増加している。販…
https://www.netdenjd.com/articles/-/225790
2020/01/01 07:07

〈自動車生産・流通・行政特集〉〈国内マーケット展望〉中古車オークション|中古車流通|紙面記事


中古車オークション(AA)は、生き残りに向けたシェア争いが本格化する。1月にトヨタユーゼックが関西で2会場目となるトヨタオートオークション(TAA)兵庫会場を新設するのをはじめ、ミライブも夏ごろまで…
https://www.netdenjd.com/articles/-/225794
2020/01/01 07:07

【自動車用語辞典:電動部品「全固体電池」】電解液を固体電解質に置き換えた次世代の2次電池 | clicccar.com(クリッカー)


■エネルギー密度をリチウムイオン電池の2倍にできる ●低コストの量産技術の確立が急務
https://clicccar.com/2020/01/01/935924/
2020/01/01 06:33

〈語録〉トヨタ自動車 河合満副社長|自動車メーカー|紙面記事

「千葉で起きた停電の際、当社のMIRAIやPHV(プラグインハイブリッド車)を50台ぐらい送り込んで給電機能を使っていただいた。北海道の地震の時もだが、少しでもご利用いただくことをやっている。しかし…
https://www.netdenjd.com/articles/-/225771
2020/01/01 05:18

〈自動車生産・流通・行政特集〉激変する業界地図|自動車メーカー|紙面記事


自動車業界が100年に1度と言われる変革期を迎える中で業界地図の変化も著しい。CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)時代の到来を見据え、完成車メーカーやサプライヤーに、IT(情報技…
https://www.netdenjd.com/articles/-/225774
2020/01/01 05:15

自動車産業に試練の2020年 環境規制が生む世界の分断:日経ビジネス電子版


中国の景気減速などの影響で、世界の販売台数の減少に陥った2019年の自動車業界。20年には燃費規制をはじめとした環境関連の対応で、地域ごとの「分断」が鮮明になる1年となりそうだ。消費者の環境意識は急速に変化しており、自動車業界はより混沌とした世界に突入することとなる。
https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/depth/00464/
2020/01/01 00:05

『webCG』より新年のごあいさつ 【ニュース】 – webCG


謹んで新年のご祝詞を申し上げます。『webCG』は2020年も、皆さまに必要とされる自動車情報を、すばやくお届けしていきます。今後とも、変わらぬご支援をお願いいたします。
https://www.webcg.net/articles/-/42162
2020/01/01 00:00

RELATED POST
自動車

自動車関連ニュースヘッドライン 2020/07/09

  • 自動車用ステアリングシステム市場2020主要な主要企業による巨大な成長を目撃:ZFフリードリヒスハーフェンAG、ジェイテクト、NSK、マンド、KYBコーポレーション、ショーワ、ネクスティアーオートモーティブ – Movie bank online
  • 自動車用外装LED照明市場2020〜2026年は、主要企業(小糸、スタンレー、マグネティマレッリ、ヘラ、ヴァレオ)をプロファイリングして巨大な成長を見せています – Movie bank online
  • 他23件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン