自動車

自動車関連ニュースヘッドライン 2019/12/24

Contents

非常時にも役立つ電気自動車のパイオニア、日産リーフがマイナーチェンジ | IGNITE(イグナイト)

未来の自動車社会を示唆する「CASE」というワードが一般にも浸透する中、「日産リーフ」の存在や貢献度は小さくない。国内累計販売は2010年12月から2019年10月末までに、13万2,000台に達し、ガソリンスタンドに立ち寄らないカーライフをおくる人々もじわじわと増えている。
https://ignite.jp/2019/12/184273/
2019/12/24 22:00

自動車の妖精 パッソちゃんの恩返し(4) 車にぬいぐるみは置かないんですか? | マイナビニュース
自動車関連ニュースヘッドライン 2020/08/12自動車の妖精 パッソちゃんの恩返し(4) 車にぬいぐるみは置かないんですか? | マイナビニュース 漫画家・ずんだコロッケさんの自動...

日産自動車 ナンバー3の関副COOが退社へ | NHKニュース

今月発足したばかりの日産自動車の新たな経営体制のナンバー3にあたる関潤副COOが近く、日産を退社することが分かりました。…
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191224/k10012227341000.html
2019/12/24 22:53

日産の新経営体制に打撃、関副COOが日本電産の新社長に – ロイター

日産自動車の新しい経営体制を担うトップ3の1人で副COO(副代表執行役兼最高執行責任者)を務める関潤氏(58)が退職することが明らかになった。複数の関係者によると、日本電産の次期社長への就任が内定している。日産の新経営陣は12月1日にスタートしたばかりで、関氏の突然の退社は業績立て直しに向けた日産の動きを停滞させる懸念もある。
https://jp.reuters.com/article/nissan-seki-nidec-idJPKBN1YS0R6
2019/12/24 20:17

自動車関連ニュースヘッドライン 2019/12/17サラワク州の水素ステーション、7カ所へ - NNA ASIA・マレーシア・自動車・二輪車 マレーシアのサラワク州は、水素を圧縮して自...

<道央自動車道>大型タンクローリーが中央分離帯に衝突 反対車線にはみ出す 北海道三笠市|NNNニュース

北海道三笠市の道央道で大型タンクローリーが中央分離帯に衝突する事故がありました。この影響で道央道の一部区間は5時間以上にわたり通行止めとなっています。(渡辺カメラマンリポート)「スリップしたとみられるタンクロ…
http://www.news24.jp/nnn/news16435069.html
2019/12/24 18:28

【どうなる日本自動車界!!!】自工会 豊田章男会長が激動の2019年を振り返る | 自動車情報誌「ベストカー」


【どうなる日本自動車界!!!】自工会 豊田章男会長が激動の2019年を振り返る |  2019年12月19日、日本自動車工業会(以下自工会)の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)が定例会見を開き、2019年の自動車業界についてや、盛況となった東京モーターショーなどについて語った。
https://bestcarweb.jp/news/116000
2019/12/24 19:00

自動車関連ニュースヘッドライン 2020/01/20安全運転技術見直す 佐賀自動車教習所、高齢者測定|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE 日頃の運転技術を見直すための「安全...

東海自動車がグループのバス運行会社5社を合併し、1社体制に 社名は「東海バス」(伊豆新聞) – Yahoo!ニュース

東海バスグループ(本社・伊東市、早川弘之社長)は24日、グループのバス運行会社5社を合併し、1社体制にすると発表した。新会社の社名は「東海バス」で、合併の期日は2020年4月1日の予定。 合併により
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191224-00000001-izu-l22
2019/12/24 18:01

マイクロソフトとエリクソンが提携、次世代コネクテッドカー開発へ…CES 2020 | レスポンス(Response.jp)

エリクソン(Ericsson)とマイクロソフト(Microsoft)は、次世代のコネクテッドカーの開発で提携を結び、2020年1月に米国ラスベガスで開催されるCES 2020において、その成果を初公開すると発表した。
https://response.jp/article/2019/12/24/330124.html
2019/12/24 17:00

元NZ代表リード「すごく楽しみ」 トヨタ自動車に加入―ラグビー・トップリーグ:時事ドットコム

ラグビー・トップリーグのトヨタ自動車に加入した元ニュージーランド(NZ)代表FWキアラン・リード(34)が24日、愛知県豊田市内で取材に応じ、「このチームで活動していくのがすごく楽しみで仕方ない。開幕戦から出場できるように準備をしている」と意気込みを示した。 NZ代表では2011、15年のワールドカップ(W杯)連覇に貢献。3位に終わった今秋のW杯日本大会限りで代表活動から退いたが、自身の経験をチームメートに伝えることに力を入れる。「私が学んだことを(日本代表の)姫野たちにフィードバックしていきた…
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019122400834&g=spo
2019/12/24 17:52

三菱自動車、東京オートサロン2020に軽ハイトワゴン『eKクロス』のカスタムカーなどを出品 | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)


TOKYO, Dec 24, 2019 – ( JCN Newswire ) – 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、2020年1月10日(金)から12日(日)まで幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される世界最大級のカスタムカーの祭典「…
https://www.asahi.com/and_M/pressrelease/pre_8528207/
2019/12/24 15:16

トヨタ自動車、マークX 最後の1台をラインオフ…コロナマークII から51年、690万台[ヒストリー] | レスポンス(Response.jp)

トヨタ自動車は、すでに2019年末で『マークX』の生産を終了すると発表していたが、最後の1台がラインオフし、12月23日には完成検査に合格。これに合わせて、元町工場で関係者が集いセレモニーが開かれた。
https://response.jp/article/2019/12/24/330118.html
2019/12/24 14:45

トヨタとあいおいニッセイ同和損保、コネクティッドカーデータを活用する事故対応サービスを開発 | レスポンス(Response.jp)

トヨタ自動車とあいおいニッセイ同和損保は、コネクティッドカーデータを活用する事故対応サービス「テレマティクス損害サービスシステム」を共同開発、2020年3月より提供を開始する。
https://response.jp/article/2019/12/24/330115.html
2019/12/24 13:45

二井田真中―鷹巣間の通行止め解除 秋田自動車道|秋田魁新報電子版


 秋田県警高速隊によると、故障車の撤去作業のため通行止めとなっていた秋田自動車道上り線の二井田真中インターチェンジ(IC)―鷹巣IC間は、24日午前11時40分に通行止めが解除された。
https://www.sakigake.jp/news/article/20191224AK0024/
2019/12/24 12:08

クルマにまつわるはじめて物語 クルマとともに歴史の第一歩を歩み始めた物や事柄を追う「自動車専用船に挑んだ K LINE」 | マイナビニュース


今や毎年650万台を超える自動車を輸出している日本。国土交通省の統計によると1960年には年間3万8000台程度だった自動車輸出が、10年後の70年には100万台を突破。本格的な自動車輸出国への道を歩みはじめている。 その輸出をがっちり支え・・・
https://news.mynavi.jp/article/20191224-945488/
2019/12/24 11:50

米自動車保険ガイコ、CEOにバークシャーの資産責任者が就任へ – ロイター


米著名投資家ウェーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ傘下の自動車保険会社GEICO(ガイコ)は23日、次期最高経営責任者(CEO)にバークシャーでポートフォリオマネジャーを務めるトッド・コームズ氏(48)が就任すると発表した。コームズ氏はバフェット氏の有力な後継者候補の1人とみられている。
https://jp.reuters.com/article/geico-ceo-idJPKBN1YS04D
2019/12/24 11:10

アマゾンやフォードが出資する電気自動車のRivianが1400億円を新規調達 | TechCrunch Japan

アメリカの自動車技術のスタートアップ、Rivianが約1420億円の資金を調達した。同社はこれまでにAmazonのリードによる7億ドル、Fordの5億ドル、Cox Automotiveの3.5億ドルというラウンドを完了。Teslaの存在感が小さいトラックとSUV分野に強いRivianは、Teslaと戦うにふさわしい..
https://jp.techcrunch.com/2019/12/24/2019-12-23-rivian-adds-1-3-billion-in-funding-for-its-electric-utility-and-adventure-vehicles/
2019/12/24 11:16

【大ヒット確実!!】スズキ新型ハスラー初代を超える「遊びの達人」 | 自動車情報誌「ベストカー」


【大ヒット確実!!】スズキ新型ハスラー初代を超える「遊びの達人」 |  初代ハスラーは2013年12月24日にデビュー。日本では若者のクルマ離れが深刻化しているなか、愛くるしいエクステリア、ポップな色遣いなどによりクルマに興味のない人たちからも注目を集め支持された画期的モデルと言える。
https://bestcarweb.jp/news/115634
2019/12/24 10:39

特務機関「NERV」の災害対策車両、三菱自動車など共同製作…開発の経緯 | レスポンス(Response.jp)

ゲヒルン、三菱自動車工業、スカパーJSATは、災害時における長期停電、通信網の途絶に備え、防災情報配信サービスの継続と近隣自治体への支援を目的とした災害対策車『特務機関NERV制式 電源供給・衛星通信車両5LA-GG3W(改)』を共同製作した。
https://response.jp/article/2019/12/24/330103.html
2019/12/24 08:33

【盤石の強さの勝因と隙】トヨタ なぜ販売ベスト5独占?? 一強打破の真打ちは | 自動車情報誌「ベストカー」


【盤石の強さの勝因と隙】トヨタ なぜ販売ベスト5独占?? 一強打破の真打ちは |  トヨタが2ヵ月連続で登録車販売ベスト5を独占!! なぜここまで強い? 一強打破のポテンシャル秘めるライバル車の動向は?
https://bestcarweb.jp/news/115815
2019/12/24 07:00

【自動車用語辞典:電動部品「駆動用モーター」】ハイブリッドや電気自動車を動かす心臓部の仕組み | clicccar.com(クリッカー)


■主流は永久磁石同期モーター ●磁石を使わないモーター開発の動きも HEVやEVなどの電動システムを構成する主要部品は、駆動用モーターとモーターを動かすインバーター、電池の3つの要素に分けることができます。このうちのモーターは、現在永久磁石同期モーターが主流となっています。
https://clicccar.com/2019/12/24/934424/
2019/12/24 06:33

トヨタとあいおい、コネクテッドデータ活用し新サービス|自動車メーカー|紙面記事


トヨタ自動車は23日、DCM(車載通信機)を搭載した車両の走行データを活用する新たな事故対応サービス「テレマティクス損害サービスシステム」をあいおいニッセイ同和損害保険と共同で開発したと発表した。コ…
https://www.netdenjd.com/articles/-/225494
2019/12/24 06:11

VCターボで機械振興協会会長賞 日産|自動車メーカー|紙面記事


日産自動車は23日、同社の世界初量産型可変圧縮比エンジン「VCターボ」=写真=の開発が、機械振興協会が主催する「第54回機械振興賞」の「機械振興協会会長賞」を受賞したと発表した。機械振興賞は優秀な研…
https://www.netdenjd.com/articles/-/225503
2019/12/24 06:11

日本自動車ターミナル/江戸川区に5.6万㎡倉庫/大林組で4月着工 | 建設通信新聞Digital

 日本自動車ターミナル(東京都千代田区)は、江戸川区に計画している延べ約5万6000㎡の物流倉庫を、大林組の設計施工で2020年4月に着手する。21年8月の完成を目指す。 「葛西トラックターミナルA棟(仮称)」の規模は、SRC造5階建て延べ5万6484㎡。アスクルが賃貸入居し、配送拠点として利用する予定だ。建設地は、江
https://www.kensetsunews.com/archives/402483
2019/12/24 06:00

連載「平成から令和へ 車業界振り返り」(2)自動車メーカーの電動化戦略|連載・インタビュー・映像|紙面記事


2019年は、欧州や中国で厳格化する環境規制を背景に電気自動車(EV)のコンセプトモデルや電動車の普及戦略を大々的に打ち出す動きが目立った。EVの開発に遅れていたとされるトヨタ自動車は、EVに重点を…
https://www.netdenjd.com/articles/-/225477
2019/12/24 05:11

〈トヨタ自動車〉二次粒子生成のメカニズムを解明する研究(MotorFan) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 – carview!

トヨタが未知の分野に挑戦している。クルマから大気中に排出されるPM2.5=粒径2.5マイクロメートル(0.0025mm)程度の超微粒子やHC(炭化水素)、NOx(窒素酸化物)が自然環境のなかでどのように変化し生体に影響を与える「2次粒子」に…
https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/9d0a279fe7588c1f06ec65bd1bdf51376582fcf1/
2019/12/24 03:10

タンチョン、日産ショールームを首都に新設 – NNA ASIA・カンボジア・自動車・二輪車

日産自動車の販売代理会社マレーシア系タンチョン・モーター(カンボジア)は19日、カンボジアの首都プノンペンのロシア通りに新たなショールームを開設した。国内で4カ所目となる。クメール・タイムズ(電子版)が…
https://www.nna.jp/news/show/1989992
2019/12/24 00:05

RELATED POST
自動車

自動車関連ニュースヘッドライン 2020/05/31

  • 【改めて探るF1の魅力】今年で70周年 なぜ自動車メーカーは、フォーミュラ1に一生懸命になる? 後編 - ニュース | AUTOCAR JAPAN
  • “煙を売る” 自動車ビジネスで世界最高のPRマン──イタリアを巡る物語 VOL.03 | GQ Japan
  • 他7件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン