水素自動車

水素自動車ニュースヘッドライン 2021/02/19

Contents

Shellの気候計画における柱はEV充電ステーション、バイオ燃料、水素転換、化学物質 | TechCrunch Japan

世界最大の上場石油製造会社の1社であるRoyal Dutch Shell Groupが、温室効果ガス排出ゼロの気候に配慮した社会の中で同社がいかに生き残って行くかについての計画を発表した。
https://jp.techcrunch.com/2021/02/19/2021-02-11-ev-charging-stations-biofuels-the-hydrogen-transition-and-chemicals-are-pillars-of-shells-climate-plan/
2021/02/19 18:45

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2021/01/01高性能電池の調達が課題 トヨタ、22年にEV世界展開本格化:中日新聞Web トヨタ自動車が電気自動車(EV)を世界展開するのは、各地...

日本製鉄が参画する中部圏水素利用協議会が2030年に向けたレポートを公表 ~「中部圏における2030年に向けた水素大規模利用の可能性検討結果と今後の取り組み」について~ – CNET Japan

日本製鉄が参画する中部圏水素利用協議会が2030年に向けたレポートを公表 ~「中部圏における2030年に向けた水素大規模利用の可能性検討結果と今後の取り組み」について~
https://japan.cnet.com/release/30521322/
2021/02/19 14:49

2025年までにEV用全固体電池の実用化目指す(Wedge) – Yahoo!ニュース

2025年までにEV用全固体電池の実用化目指す(Wedge) - Yahoo!ニュース
 電気自動車(EV)の普及に向けての動きが加速する中で、EV性能を大きく左右する高性能のバッテリー開発に熱い視線が注がれている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/4cac0da76eb7f8a9fc9eb222661fd77c1d15e6a1
2021/02/19 12:24

水素自動車ニュースヘッドライン 2021/03/08「円安メリット」が14位にランク、米金利上昇で1ドル=108円台に<注目テーマ> - 株探 ★人気テーマ・ベスト10 1 アン...

【欧州、水素へ傾く】ジャガー・ランドローバー 水素燃料電池技術の開発促進 1年以内にテスト開始(AUTOCAR JAPAN) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 – carview!

イヴォークサイズのプロトタイプ製作かジャガー・ランドローバー(JLR)は、新グローバル戦略「Reimagine」の中で、燃料電池パワートレインの開発が戦略の核心となっていることを明らかにした。今後12か月以内にプロトタイプの公道テストを開始…
https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/b4d2095edf95a17ecd6c2776d8ce7b6dc39d8274/
2021/02/19 10:26

日本の大企業はなぜ「脱炭素」こうも嫌がるのか 脱炭素に積極的な企業と経団連の間にある溝 – ニュース・コラム – Yahoo!ファイナンス

 気候変動に対する実際の行動の始まりなのか、それとも聞こえのいい目標にすぎないのか――。昨年10月26日、菅義偉首相が2…
https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20210219-00412405-toyo-column
2021/02/19 11:01

3万円相場に焦るな、強いテーマの出遅れ株と米国株追っかけのコツコツ戦略で – 株探

元・証券ディーラーに聞く…
https://s.kabutan.jp/news/n202102190241/
2021/02/19 10:00

中身だけじゃなく「見えるところ」も進化! 「変わりすぎ」なぐらい変わった新型MIRAIの凄まじさ | 自動車情報・ニュース WEB CARTOP

中身だけじゃなく「見えるところ」も進化! 「変わりすぎ」なぐらい変わった新型MIRAIの凄まじさ | 自動車情報・ニュース WEB CARTOP
2014年に世界初の高級セダン型燃料電池自動車として注目を集めたトヨタMIRAI。2020年12月に2代目が登場し、初代で指摘されたポイントを多く改善したと言われている。果たして何が変わっているのだろうか?
https://www.webcartop.jp/2021/02/659390/
2021/02/19 10:00

2020年が自動車史にとってビンテージイヤーだと言えるワケ|Motor-Fan[モーターファン]

2020年が自動車史にとってビンテージイヤーだと言えるワケ|Motor-Fan[モーターファン]
2020年を振り返ると、東京オリンピックの延期をはじめ、日本だけでなく世界中でネガティブな年になってしまったが、クルマに限れば、これからのモータリゼーションを予感させるモデルのデビューが目立った。 TEXT●今 総一郎(KON Soichiro)
https://motor-fan.jp/article/10018184
2021/02/19 08:11

昭和の伝説的な名車が次々と誕生! 牙が抜かれる前のGTカー5選 | くるまのニュース

日本では1960年代の終わりから1970年代の始めにかけて、道路を走るクルマが一気に増加しました。しかし、そこで問題になったのが大気汚染で、排出ガス規制の強化がおこなわれました。その結果、国産車はパワーダウンを余儀なくされますが、規制強化の直前には数多くの名車が誕生。そこで、排出ガス規制強化前にどんな高性能車があったの
https://kuruma-news.jp/post/347958
2021/02/19 06:12

フォルシア、水素戦略を中国で加速—高圧タンクメーカーの株式過半数を取得 | レスポンス(Response.jp)

フォルシアは、中国最大の高圧タンクメーカーのひとつ、CLD(瀋陽斯林达安科)の株式の過半数を取得したことを発表した。
https://response.jp/article/2021/02/19/343268.html
2021/02/19 06:30

脱炭素の電力普及へ 1000億円規模のファンド設立 三菱UFJ銀行 | 環境 | NHKニュース

【NHK】脱炭素社会の実現に向けて、金融業界でも新たな動きです。三菱UFJ銀行は再生可能エネルギーなど、二酸化炭素を排出せずに発電…
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210219/k10012875291000.html
2021/02/19 04:15

RELATED POST
水素自動車

水素自動車ニュースヘッドライン 2020/02/27

  • 韓国の自動車メーカー「ヒュンダイ」が日本へ再上陸、燃料電池車(FCV)で復活を遂げるか(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
  • フォルシア:現代自動車のトラックへの水素貯蔵システム供給契約を獲得|MotorFanTECH[モーターファンテック]
  • 他6件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン