電気自動車

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2021/01/26

トヨタがFCEV(燃料電池車)MIRAIに込めたメッセージと決意 電動化は自動車産業を変えるか・中編|セダン|Motor-Fan[モーターファン]

トヨタがFCEV(燃料電池車)MIRAIに込めたメッセージと決意 電動化は自動車産業を変えるか・中編|セダン|Motor-Fan[モーターファン]
トヨタの燃料電池電気自動車「MIRAI」が2代目モデルへと全面刷新された。かつては「1台3億円」と言われた水素で走るクルマが、いまや800万円ほどで手に入る。2次電池(バッテリー)のいらない「発電・即使用」型の燃料電池電動車こそは、もっとも用途の広い電動車のように思う。いま、世界中で水素利用への機運が高まっているが、水素利用の自動車となると、自動車メーカー以外はまだ手を出せないでいる。この領域は「作ってみなければわからない」ことだらけであり、机上の空論は通用しない。他人の経験を自己体験に転写できるほど甘くはないのだ。
https://motor-fan.jp/article/10018080
2021/01/26 16:39

電気アクスルドライブとホイールドライブ市場規模、競争力のある風景、地域の見通しとCOVID-19影響分析2020 – securetpnews
電気自動車関連ニュースヘッドライン 2020/12/01電気アクスルドライブとホイールドライブ市場規模、競争力のある風景、地域の見通しとCOVID-19影響分析2020 – securetpn...

EV充電所の「EVgo」が上場へ、バイデン新政権の環境政策に期待 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

米国最大規模の電気自動車用急速充電ネットワークを運営する「EVgo」は、バイデン新政権が創出するクリーンテック投資の高まりの波に乗り、SPAC(特別買収目的会社)との合併により、株式上場を果たす計画を明らかにした。上場後のEVgoの企業価値
https://forbesjapan.com/articles/detail/39471?internal=nav_cat_technology
2021/01/26 16:30

現代自動車、第4四半期は57%増益 SUVや高級車が好調 | ロイター

韓国の現代自動車が26日発表した2020年第4・四半期決算は57%の増益となった。利益率の高いスポーツ用多目的車(SUV)や高級車ブランド「ジェネシス」の販売が好調だった。
https://jp.reuters.com/article/hyundai-motor-results-idJPKBN29V0MN
2021/01/26 15:56

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2021/01/01高性能電池の調達が課題 トヨタ、22年にEV世界展開本格化:中日新聞Web トヨタ自動車が電気自動車(EV)を世界展開するのは、各地...

モビリティーない双竜・GM・ルノーサムスン自動車3社…不透明な未来(中央日報日本語版) – Yahoo!ニュース

昨年6月、双龍(サンヨン)車は平沢(ピョンテク)工場に自動車担当記者を招いて「チボリ」「コランド」生産工程を公開した。大株主のインドのマヒンドラが「双龍車株を売却する」と発表した直後だった。数百台の
https://news.yahoo.co.jp/articles/5809206a8c9c22f6f6a69d66d4d4d9af2288596b
2021/01/26 15:39

BMW日本法人社長「電動化戦略を加速」…フルEVの iX や i4 など発表へ | レスポンス(Response.jp)

ビー・エム・ダブリューのクリスチャン・ヴィードマン社長は1月26日のオンライン会見で、「電動化戦略を加速させる」とした上で、フルEV(電気自動車)モデルの『iX』、『i4』および『iX3』を2021年中に発表する計画を明らかにした。
https://response.jp/article/2021/01/26/342515.html
2021/01/26 13:45

世界初公開はもうすぐ!? BMW初のフルEVグランクーペ「i4」が最終走行テスト | VAGUE | ヴァーグ

世界初公開はもうすぐ!? BMW初のフルEVグランクーペ「i4」が最終走行テスト | VAGUE | ヴァーグ
独BMWは2021年1月22日、同年に登場する予定のBMW初となるグランクーペタイプの電気自動車(EV)「i4」の最終テストの様子を公開した。
https://kuruma-news.jp/vague/post/37464
2021/01/26 12:06

焦点:日産が中国戦略を見直し、EV拡充 現地仕様車も投入 | ロイター

業績が低迷する日産自動車は、中国市場の戦略を大幅に見直す。電気自動車(EV)の投入を加速するほか、部品や技術の現地化を進め、中国仕様の車種を増やすとともにコスト低減につなげる。世界各地で数を追ってきたカルロス・ゴーン前会長時代の戦略を転換し、重要市場に経営資源を集中する。
https://jp.reuters.com/article/insight-nissan-idJPKBN29V03N
2021/01/26 10:11

日電産株が最高値、車載向け好調やコスト削減で2度目の業績上方修正 – Bloomberg

日電産株が最高値、車載向け好調やコスト削減で2度目の業績上方修正 - Bloomberg
日本電産株が上場来高値を更新。電気自動車(EV)や家電向けモーターの好調にコスト削減も寄与し、25日に今期(2021年3月期)の営業利益予想を従来予想から11%上方修正したことを評価した買いが先行している。同社は同日、自社株買い計画も発表した。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-01-26/QNIID1DWLU6A01
2021/01/26 09:22

バイデン大統領、米政府保有車をEVに転換へ | ロイター

バイデン米大統領は25日、政府が保有する車両約65万台を電気自動車(EV)に置き換える方針を発表した。クリーンエネルギーを推進する取り組みの一環。
https://jp.reuters.com/article/usa-biden-autos-idJPL4N2K04RY
2021/01/26 08:56

超安価な電気自動車が大出現 日電の永守会長の近未来予測 – Sputnik 日本

超安価な電気自動車が大出現 日電の永守会長の近未来予測 - Sputnik 日本
近い将来にも3000ドル以下の価格の多種多様な電気自動車が出現する。こうした予言を日本電産の永守重信会長兼最高経営責任者が行った。
https://jp.sputniknews.com/business/202101268105326/
2021/01/26 06:42

トヨタも参戦! 小さな電気自動車が増える理由 | マイナビニュース

日本でも近い将来、ガソリンエンジンだけで走る新車の販売が禁止されることになった。欧州などの流れに沿ったものだが、こうした動きを受け、日欧で小さな電気自動車(EV)が続々と登場している。EVが増えるのはわかるが、なぜ小型のクルマが多いのだろうか。
https://news.mynavi.jp/article/20210126-small-ev/
2021/01/26 07:30

BATの落ちこぼれバイドゥと習近平氏銘柄の吉利集団がタッグ。自動車で巻き返し狙う | Business Insider Japan

BATの落ちこぼれバイドゥと習近平氏銘柄の吉利集団がタッグ。自動車で巻き返し狙う | Business Insider Japan
アップルのEV進出が大きな話題になった年明け、中国メガITの一角で、検索ポータルのバイドゥ(百度)がEV参入を発表した。2020年はEVスタートアップが大きく飛躍した1年だったが、2021年はスマートフォンのようにソフトとハード開発を分業
https://www.businessinsider.jp/post-228523
2021/01/26 06:30

RELATED POST
航続距離は400km以上!ボルボが最高出力408hpを誇る電気自動車「XC40 Recharge」の生産を開始|@DIME アットダイム
電気自動車

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2020/10/07

  • 航続距離は400km以上!ボルボが最高出力408hpを誇る電気自動車「XC40 Recharge」の生産を開始|@DIME アットダイム
  • 電気自動車サウンドジェネレータシステムの市場シェア2020年から2026年までの世界的な業界の成長、規模、統計、機会 – securetpnews
  • 他11件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン
なんと! アメリカではポルシェは718(ボクスター/ケイマン)よりタイカンの方が売れている!そしてカイエンとパナメーラで64%を占める|Motor-Fan[モーターファン]
電気自動車

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2021/01/06

  • なんと! アメリカではポルシェは718(ボクスター/ケイマン)よりタイカンの方が売れている!そしてカイエンとパナメーラで64%を占める|Motor-Fan[モーターファン]
  • EVで日本を圧倒、韓国の現代自動車は水素から空飛ぶクルマまで全方位展開で世界に挑戦(サンデー毎日×週刊エコノミストOnline) - Yahoo!ニュース
  • 他8件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン