電気自動車

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2021/01/03

新春3大テーマを追う(2)EV 「“脱ガソリン車”へ本格発進で現実買い局面に」 <株探トップ特集> – 株探

―世界主要国が普及促進に注力、リチウムイオン・全固体など電池関連株の注目度大―  2…
https://s.kabutan.jp/news/n202101030049/
2021/01/03 19:00

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2021/01/01高性能電池の調達が課題 トヨタ、22年にEV世界展開本格化:中日新聞Web トヨタ自動車が電気自動車(EV)を世界展開するのは、各地...

エコカーが自動車輸出の1割超に 昨年輸出額40%増=韓国(聯合ニュース) – Yahoo!ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の自動車輸出に占めるエコカーの割合が昨年初めて10%を超えたことが3日、分かった。  産業通商資源部によると、電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)などエコカーの昨年の
https://news.yahoo.co.jp/articles/9d062dee57feb91fd1ad71b0020e53928b8f41fc
2021/01/03 15:37

テスラの2020年の納車台数、目標の50万台にわずかに届かず – Bloomberg

テスラの2020年の納車台数、目標の50万台にわずかに届かず - Bloomberg
米電気自動車メーカーのテスラは2020年10-12月(第4四半期)に世界で18万570台を納車した。四半期としては過去最高となったが、年間では49万9550台と目標の50万台にわずかに届かなかった。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-01-03/QMBURGT1UM0W01
2021/01/03 10:11

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2020/06/25グリーンエネルギーついに主流化、投資のコツは - WSJ 何度も偽の夜明けがあったが、太陽はついに環境に優しい「グリーン(自然)エネ...

メルセデス・ベンツから注目のEVが続々登場。2021年の投入予定モデルとスケジュール

メルセデス・ベンツは、新ブランド「EQ」を創設。今後数年の間にEVのフルラインナップ展開を予定しています。EVモデルは従来のガソリン車と呼応するように、「Aクラス」から「 S クラス」までの全モデルを電動化する予定となっています。生産開始時期を含め、次期EQモデルに関する追加情報をまとめました。
https://www.esquire.com/jp/car/car-news/a35065497/mercedes-benz-upcoming-eq-electric-models-20210103/
2021/01/03 08:00

DSのラグジュアリーEV「DS 3 CROSSBACK E-TENSE」が魅せるさまざまなドライブフィール(Impress Watch) – Yahoo!ニュース

DSのラグジュアリーEV「DS 3 CROSSBACK E-TENSE」が魅せるさまざまなドライブフィール(Impress Watch) - Yahoo!ニュース
 ボディサイズの大小にかかわらず、ラグジュアリーなフレンチスタイルを全身で表現する独創的なクルマを世に送り出しているDS。BセグメントというコンパクトサイズのSUV「DS 3 CROSSBACK」は
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a2837a8567012d27f2371fae7d1e54c32e988f3
2021/01/03 02:09

エンジン車は、いつまで続くか。 その2「欧州はなぜ内燃エンジン(ICE)から逃げるのか」 2020〜2021年自動車産業鳥瞰図|Motor-Fan[モーターファン]

エンジン車は、いつまで続くか。 その2「欧州はなぜ内燃エンジン(ICE)から逃げるのか」 2020〜2021年自動車産業鳥瞰図|Motor-Fan[モーターファン]
EU(欧州連合)は新車として販売される車両総重量3.5トン以下の自動車からのCO2排出量を、2021年から走行1km当たり95g以下に強化する。2020年末までの120gに対し約20%の削減であり、自動車メーカーごとにこの数値が監視される。ICE(Internal Combustion Engine=内燃エンジン)搭載車にとっては厳しい数値であり、EU政府はECV=エレクトリカリー・チャージャブル・ビークルと呼ばれる「外部から充電できるクルマ」、つまりBEV(バッテリー電気自動車)とPHEV(プラグイン・ハイブリッド車)に新車需要をシフトさせようとしている。筆者には、このEUの政策は中国が進めてきた電動化政策とダブって見える。EUも中国もICEから逃げようとしている。なぜか。 TEXT◎牧野茂雄(MAKINO Shigeo)
https://motor-fan.jp/article/10017822
2021/01/02 23:15

RELATED POST
一気に燃料電池車が「現実的」に! クラウンユーザーも取り込めそうな2代目MIRAIのとてつもない可能性 | 自動車情報・ニュース WEB CARTOP
電気自動車

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2021/01/01

  • 一気に燃料電池車が「現実的」に! クラウンユーザーも取り込めそうな2代目MIRAIのとてつもない可能性 | 自動車情報・ニュース WEB CARTOP
  • 【どこか遠い世界?】いまEV(電気自動車)に乗るってどうなのか メルセデス・ベンツEQC試乗記 | AUTOCAR JAPAN
  • 他4件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン
電気自動車

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2020/01/27

  • 発する音で「木を育てる」 ウルグアイ発・トヨタのエコカーに見る、次世代電気自動車の姿(AMP[アンプ]) - Yahoo!ニュース
  • 新開発「コンチネンタル開発オンラインポータル」でビークルアーキテクチャ向けのソフトウェア統合を自動化|MotorFanTECH[モーターファンテック]
  • 他12件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン
電気自動車

電気自動車関連ニュースヘッドライン 2020/06/11

  • 電気自動車テレマティック市場の成長と2020年から2026年までの技術進歩| Agero、Airbiquity、Continental、TomTom International、Bosch、Trimble – Movie bank online
  • マウザー、アナログ・デバイセズ社と共同で、重要性の高まる蓄電ソリューションに関するeBookを公開:時事ドットコム
  • 他23件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン