新車情報

新車情報ニュースヘッドライン 2020/11/16

いまや「当たり前」装備の「コネクテッド」機能は各社大きな違いがある! 本当に使える「繋がるクルマ」の選び方とは | 自動車情報・ニュース WEB CARTOP

いまや「当たり前」装備の「コネクテッド」機能は各社大きな違いがある! 本当に使える「繋がるクルマ」の選び方とは | 自動車情報・ニュース WEB CARTOP
これからの時代は、クルマにコネクテッド機能が付いていることが求められる。車内にいても、車外とつながっている安心感は絶大だ。しかし、そのサービスはメーカーによって違いが大きく、それぞれの特徴とメリット・デメリットを知って選ぶ必要がある。詳しく解説しよう。
https://www.webcartop.jp/2020/11/614933/
2020/11/16 11:40

新車情報ニュースヘッドライン 2020/12/07【速報】今年の1台は「レヴォーグ」! スバルが4年ぶりに日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞 コロナ禍で最も魅力的な車に | くるまのニュー...

電気自動車を普及させるには、「中古車市場の発展」が鍵を握っている | WIRED.jp

電気自動車を普及させるには、「中古車市場の発展」が鍵を握っている | WIRED.jp
気候変動を抑制する施策として電気自動車(EV)への移行が注目されるなか、その普及には中古車市場の拡大策や充電インフラの整備などが欠かせない。こうしたなかカリフォルニア州では、中古EVも対象にした購入支援プログラムの導入が始まった。
https://wired.jp/2020/11/16/save-planet-more-evs-used-car-lots/
2020/11/16 09:30

21年は日本車の「EV元年」 ホンダ、マツダ、日産など新車が続々:日経クロストレンド

21年は日本車の「EV元年」 ホンダ、マツダ、日産など新車が続々:日経クロストレンド
日経トレンディと日経クロストレンドが選んだ「2021年ヒット予測ランキング」14位は「次世代EVラッシュ」。ホンダの「Honda e」やマツダの「MX-30」など人気の高い小型車やSUV(多目的スポーツ車)が登場し、国内でもEV(電気自動車)の選択肢が一気に広がる。2021年は日本メーカーの“EV元年”となりそうだ。
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00380/00003/?i_cid=nbpnxr_top_new_T
2020/11/16 05:06

RELATED POST
新車情報

新車情報ニュースヘッドライン 2020/01/30

  • 新型「フィット」にラインナップされなかったホンダ「フィット RS」の中古相場は?|@DIME アットダイム
  • 【PR】2019年もミニバン販売台数No.1に輝いた日産セレナ。長年ヒットし続ける3つの理由とは?(carview!) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
  • 他1件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン
新車情報

新車情報ニュースヘッドライン 2020/07/13

  • フェラーリがまさかの路上駐車!? 幅広&背高モデルを停めるところがないミュンヘンの駐車事情【池ノ内ミドリのジャーマン日記】(LE VOLANT CARSMEET WEB)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
  • 「新型ハリアーはライバル不在?」ボクサー4+4WD、無骨さが魅力。フォレスターはSUBARUの思想を体現した(カー・アンド・ドライバー)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
  • 他1件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン
新車情報

新車情報ニュースヘッドライン 2020/02/07

  • 「クルマよりも手軽に、バイクよりも遊びを。」BLAZE EV TRIKE(ブレイズEVトライク)大好評につき、初回台数増産!:時事ドットコム
  • 【WRX S4、アウトバック、アドレナリン!!】 2021年スバル期待の新型車たち!!! | 自動車情報誌「ベストカー」
  • 他2件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン