自動車費用経費

自動車費用経費ニュースヘッドライン 2020/10/18

車は「購入」or「リース」どちらがお得?個人リースに向いている人、向いていない人|ニフティニュース

車の購入は、人生において高価な買い物のひとつ。新車であれ中古車であれ数十万円から数百万円単位のお金が必要になります。一括でポンと支払えるような資金があればあまり気にはなりませんが、たいていの場合は分割…
https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12293-830165/
2020/10/18 18:45

自動車費用経費ニュースヘッドライン 2019/11/04テラニシモータース、中古車ベースの残価設定リース車を提供 | MOTOR CARS レンタカー事業、カーリース事業などを手掛けるテラ...

コラム:米テスラに決闘挑む独VW、軍配はどちらに | ロイター

米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は謙虚さとは無縁の人物だ。しかし、独フォルクスワーゲン(VW)のヘルベルト・ディースCEOも負けてはいない。2025年までに自社製電気自動車(EV)の販売台数を27倍に増やすと豪語したのだ。ただ、電池に関するマスク氏の深い専門性と、テスラがガソリン車事業の遺産を持たない利点を考えれば、自慢合戦に勝つのはやはりマスク氏の側だろう。
https://jp.reuters.com/article/tesla-vw-breakingviews-idJPKBN2700KC
2020/10/18 17:29

500cc間隔が多い? エンジン排気量ラインアップの「刻み」が決まる要因とは | 自動車情報・ニュース WEB CARTOP

500cc間隔が多い? エンジン排気量ラインアップの「刻み」が決まる要因とは | 自動車情報・ニュース WEB CARTOP
エンジンの排気量は、軽自動車は660ccと決まっているものの、登録車に関しては何ccでも問題ない。さまざまな排気量のエンジンが存在するが、多くは0.5L単位という数値になっている。なぜ、そのような設定となっているのだろうか? それには日本の税金が関係していた。
https://www.webcartop.jp/2020/10/601052/
2020/10/18 17:00

自動車費用経費ニュースヘッドライン 2020/03/17マツダ フレアワゴン 660 XS 4WD 2016年 3.5万キロ (北海道) (株)軽自動車館 札幌本店 | 中古車情報検索ならca...

日本で走りやすいサイズ感! 根強い人気の5ナンバー 今お薦めの最新モデル10選(ベストカーWeb)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 – carview!

 国内の新車販売ランキングの上位には軽自動車と、トヨタ「ライズ」、ホンダ「フィット」、トヨタ「ヤリス」といった5ナンバー車が数多く並ぶ。トヨタ「新型カローラ」は3ナンバー車になったが、5ナンバーサイズの「カローラアクシオ&フィールダー」も継…(ヘッドライン)
https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/eb42ddd8e6dabb1b00c3df4998832e4ab602a3b3/?mode=top
2020/10/18 03:38

税、もっと身近に 遠隔で学ぶ、新たな試み 田尻町立小、6年生参加 /大阪 – 毎日新聞

 大阪国税局が近畿税理士会や各地の納税協会などの協力で、児童生徒らに税を学んでもらう「租税教室」を開いている。昨年度は近畿2府4県の3090校で、延べ5027回開催。今年度はコロナ禍で回数は減少しているが、教室と離れた場所から講義をする「リモート教室」の試みも始めている。【稲垣淳】
https://mainichi.jp/articles/20201018/ddl/k27/100/250000c
2020/10/18 07:23

RELATED POST
バイクの区分とは?排気量によって登録方法や車検、運転資格、税金が決まる【バイク用語辞典:バイクの誕生と種類編】 | clicccar.com
自動車費用経費

自動車費用経費ニュースヘッドライン 2020/10/08

  • バイクの区分とは?排気量によって登録方法や車検、運転資格、税金が決まる【バイク用語辞典:バイクの誕生と種類編】 | clicccar.com
  • テックポイント・インク---DDPAI製ドライブレコーダー4シリーズに映像受信用半導体が採用 | ロイター
  • 他1件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン
自動車費用経費

自動車費用経費ニュースヘッドライン 2019/12/03

  • 混戦必至!2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー候補車の気になる実力?:岡崎五朗の眼|ニフティニュース
  • 日産 新型「アルメーラ」登場! 小型セダンがタイ市場で人気な理由とは | くるまのニュース
  • 他1件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン