水素自動車

水素自動車ニュースヘッドライン 2020/10/16

トヨタ ヤリス 新型、「手頃な価格のHVオブザイヤー」に 英誌ニューカーアワード | レスポンス(Response.jp)

トヨタ自動車の欧州部門は10月13日、新型『ヤリス』(Toyota Yaris)が英国『オートエクスプレス』誌の「ニューカーアワード2020」において、「手頃な価格のハイブリッドカーオブザイヤー」を受賞した、と発表した。
https://response.jp/article/2020/10/16/339432.html
2020/10/16 15:47

水素自動車ニュースヘッドライン 2020/02/20ガスや粉体の使用と危険な場所:爆発・防爆の基礎知識2 | ものづくり&まちづくり BtoB情報サイト「Tech Note」 今回は、...

COVID 19影響分析! ガスセンサー市場は、2020年から2027年にかけて6.4%のCAGRで成長すると予想されています。:時事ドットコム

COVID 19影響分析! ガスセンサー市場は、2020年から2027年にかけて6.4%のCAGRで成長すると予想されています。:時事ドットコム
[Report Ocean]Reportocean.comは、2020年10月16日に「ガスセンサー市場調査レポート」というタイトルの新しいレポートの追加を発表しました。これは、成長ドライバー、市場機会、課題、競争環境、ガスセンサー業界の脅威などの主要な市場ダイナミクスに焦点を当てています。世界のガスセンサーの市場規模は2019年に8億2,310万ドルと評価され、2027年までに13億3,620万ドルに達し、2020年から2027年にかけて6.4%のCAGRで成長すると予測されています。ガスセン…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000073.000067400&g=prt
2020/10/16 09:16

トヨタとホンダがバスを使った災害時給電の実証実験を開始(LE VOLANT CARSMEET WEB) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 – carview!

トヨタ自動車の燃料電池バスにホンダの可搬型外部給電器や可搬型バッテリーを搭載し、被災地などで大規模給電を行なう「Moving e」 の実証実験が始まっている。燃料電池バスには通常の倍の高圧水素を搭載して発電能力を高め、その電力をホンダの機器…
https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/5f8fbd7648f9f6e2b1822f23dbbb72f243a9afd9/?mode=short
2020/10/16 07:00

水素自動車ニュースヘッドライン 2019/10/27「地球温暖化防止」技術の世界トップ企業、米投資銀行が公開 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) 地球温暖化の防止やカ...

現代自が水素充塡所拡大、23年までに35カ所 – NNA ASIA・韓国・自動車・二輪車

韓国完成車大手の現代自動車は15日、韓国政府と地方自治体、エネルギー関連企業と手を組み、2023年までに商用車向けの水素充塡(じゅうてん)所を35カ所設置すると発表した。特定目的会社「コハイジェン(Korea Hydr…
https://www.nna.jp/news/show/2106400
2020/10/16 00:06

水素推進で団体設立へ、トヨタや三井住友FG – NNA ASIA・日本・天然資源

【共同】トヨタ自動車や三井住友フィナンシャルグループ(FG)など9社は14日、水素エネルギーの普及に向けて活動する団体「水素バリューチェーン推進協議会」を12月に設立すると発表した。業界の垣根を越えて、課…
https://www.nna.jp/news/show/2106288
2020/10/16 00:06

RELATED POST
水素自動車

水素自動車ニュースヘッドライン 2020/07/11

  • もはや気候変動は「第三次世界大戦」レベルの危機と専門家、気候変動と戦う上で重要な「4つの武器」とは? - GIGAZINE
  • 人権弁護士から歴代最長のソウル市長まで…パク・ウォンスンとは誰か(ハンギョレ新聞) - Yahoo!ニュース
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン
水素自動車

水素自動車ニュースヘッドライン 2020/04/22

  • 【孤高のロータリースポーツ】マツダはなぜRX-8を生み出せたのか!? | 自動車情報誌「ベストカー」
  • ダイムラーとボルボ、燃料電池量産に向けて合弁設立…2020年代後半に実用化へ | レスポンス(Response.jp)
  • 他3件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン