自動車

自動車関連ニュースヘッドライン 2020/05/20

Contents

トヨタとホンダを1段階格下げ S&P、自動車販売低迷で

 米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は20日、トヨタ自動車の長期会社格付けを「ダブルAマイナス」から「シングルAプラス」に、ホンダを「シングルA」から「シングルAマイナス」にそれぞれ …
https://www.47news.jp/4831219.html
2020/05/20 21:11

自動車関連ニュースヘッドライン 2020/06/13トヨタ フォーチュナー 改良新型…IMVプロジェクトの人気7人乗りSUV | レスポンス(Response.jp) トヨタのタイ法人...

トヨタとホンダを1段階格下げ S&P、自動車販売低迷で | 全国のニュース | 福井新聞ONLINE


米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は20日、トヨタ自動車の長期会社格付けを「ダブルAマイナス」から「シングルAプラス」に、ホンダを「シングルA」から「シングルAマイナス」にそれぞれ1段階引き下げた。世界的な自動車販売の低迷で、今後1〜2年は収益性に「非常に強い下押し圧力がかかる」と指摘した。 トヨタは12日の決算会見で、厳しい経営環境の中でも次世代技術への投資は緩めず、21年3月期も1兆1千億円規模の研究開発費を維持すると表明。
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1089669
2020/05/20 21:09

「ラビット」エンブレムに自動車電話スタンド、輸入車のユニークな純正オプション 8選【懐かしのカーカタログ】 | レスポンス(Response.jp)

輸入車はクルマ自身の個性はもちろん、純正オプションもクルマ同様にユニークなアイテムが揃う。そこで今回はオプションパーツカタログを少し覗いてみたい。
https://response.jp/article/2020/05/20/334785.html
2020/05/20 21:00

ホテル三日月 龍宮城
今月のおすすめドライブ「ホテル三日月 スパ 龍宮城 」今月のドライブ先には、千葉県の君津市にあるホテル三日月のスパ 龍宮城をおすすめ。先の台風の余波もあり、復興の意味でも、訪問をおすすめした...

ルノーや自動車業界は現実と向き合わなければならない-仏労相 – Bloomberg


フランスのペニコ労相は、ルノーで「リストラがあるとすれば社会対話につとめて留意する」と述べた。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-20/QAMDPODWRGG401
2020/05/20 18:16

テレナブとアルパイン株式会社が提携してOEMと自動車所有者が最先端の車載インフォテインメントシステムを即座にアップグレード可能に:時事ドットコム

May 20, 2020 09:03 UTCテレナブのクラウド接続型VIVIDインフォテインメントシステムとアルパイン株式会社のインフォテインメントデバイスにより、ユーザーはエンターテインメント/ナビゲーション/スマートアシスタント技術の最新成果を簡単なプラグイン方式で利用可能に米カリフォルニア州サンタクララ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — コネクテッドカーと位置情報ベース・サービスを提供する先進的企業のテレナブ(NASDAQ:TNAV)は、自動車電子機器部品の世界…
https://www.jiji.com/jc/article?k=20200520005311&g=bw
2020/05/20 18:03

自動車関連ニュースヘッドライン 2020/05/29ジェイテクト:電気自動車モータ用高速回転グリース潤滑玉軸受を開発|2020 モーターファン・テック・エキスポ|MotorFan[モーター...

タイ 先月の自動車生産台数が過去最少 新型コロナ影響 | NHKニュース

【NHK】東南アジア最大の自動車生産国、タイで先月生産された車の台数は、統計が残る1987年以降、最も少なくなり、新型コロナウイル…
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200520/k10012437721000.html?utm_int=news_contents_news-main_001
2020/05/20 17:43

BMWがクリーン・エネルギー自動車の大幅価格改定、最大55万円オフ | ニュース | 環境ビジネスオンライン

BMWは、クリーン・エネルギー自動車の価格を改定。最大55万円オフを実施し、同時に、より幅広い普及を目指す取り組み BMW「JOY+ : CLEAN ENERGY PROJECT」を開始した。5月19日にはその一環として、YouTube動画「BMW Lab.」の配信をスタート。限定特別仕様車「EDITION JOY+」の販売と併せ、認知向上に取り組む。
https://www.kankyo-business.jp/news/025079.php
2020/05/20 15:01

椿本チエイン:電力充放電システム「eLINK」を京田辺市へ寄贈、災害時に電気自動車を電源に施設内に電力を供給|MotorFanTECH[モーターファンテック]


椿本チエインは、同社が開発した電気自動車(EV、PHEV)向け充放電装置「eLINK」を京都府京田辺市へ寄贈し、6月6日(土)、京田辺市役所において贈呈式を行う。
https://motor-fan.jp/tech/10014825
2020/05/20 14:12

EV世界販売が乗用車全体の半分を超える、2040年までに…ブルームバーグNEFが予測 | レスポンス(Response.jp)

ブルームバーグNEFは5月19日、調査リポート「電気自動車の長期見通し2020」を発表した。
https://response.jp/article/2020/05/20/334770.html
2020/05/20 14:30

三菱自動車、新型コロナによる工場稼働の影響 タイ再開、フィリピン調整中 | newsclip (ニュース、ASEAN、その他のニュース)

三菱自動車は5月19日、新型コロナウイルス感染拡大の影響による主要な車体生産工場の稼働状況を発表した。
http://www.newsclip.be/article/2020/05/20/42571.html
2020/05/20 12:47

ECUの統合化で必要な通信のセキュリティは「ブラックチャネル」で守る (1/2) – MONOist(モノイスト)


ブラックベリーは、自動車や産業機器などのセーフティクリティカルが求められるシステムにおける安全なデータ通信を保証するソフトウェアソリューション「QNX Black Channel Communications Technology(QBCCT)」の販売を開始した。 (1/2)
https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2005/20/news043.html
2020/05/20 11:00

「将来マイカーが欲しい」小中学生87%が回答…日本マイスター検定協会調べ | レスポンス(Response.jp)

オークネットが運営する日本マイスター検定協会は、自動車好き1000人を対象に「自動車の売却予定」に関するアンケートを、また中学生以下の子どもがいる保護者250人に対し「子どもの自動車への関心」に関するアンケートを実施。その結果を発表した。
https://response.jp/article/2020/05/20/334762.html
2020/05/20 11:15

三菱自動車、金融機関から3000億円を調達 手元資金を確保 | レスポンス(Response.jp)

三菱自動車は5月19日、新型コロナウイルス感染拡大の影響が長期化することに備えて、新たに3000億円を調達することを明らかにした。
https://response.jp/article/2020/05/20/334758.html
2020/05/20 09:48

原油「復活」の兆し、自動車の利用戻る – WSJ

原油価格は過去最大の供給減と世界的な燃料需要の持ち直しを背景に先月の暴落から急反発を演じている。
https://jp.wsj.com/articles/SB11811756556010273317904586394533900112292
2020/05/20 08:10

原油「復活」の兆し、自動車の利用戻る – WSJ

原油価格は過去最大の供給減と世界的な燃料需要の持ち直しを背景に先月の暴落から急反発を演じている。
https://jp.wsj.com/articles/SB11811756556010273317904586394533900112292
2020/05/20 08:03

EV(電気自動車)普及で最大課題の「充電インフラ」、世界的にどう広がっていくのか |ビジネス+IT


環境規制の問題から、BEV(バッテリー電気自動車)やPHEV(プラグイン・ハイブリッド電気自動車)に注目が集まる。しかし、バッテリーへの充電インフラが十分に整備されていないなど、本格普及には高いハードルがある。一方で、IHSマークイットの調査によれば、中国や欧州ではプラグイン車の生産台数は1100万台にのぼる見込みだ。自動車関連の調査と分析に強い同社のオートモーティブ・サプライチェーン・アンド・テクノロジー プリンシパルリサーチアナリスト 安宅広史氏に、EV普及の現在と今後の見通しについて話を聞いた。
https://www.sbbit.jp/article/cont1/37996
2020/05/20 06:10

価格.com – メルセデスベンツ、電動車専用の自動車保険を欧州発表…動物による充電ケーブルの損害も補償

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は5月15日、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)を対象にした電動車専用の自動車保険を欧州で発表した。この電動車専用の自動車保険は、メルセデスベンツバンクと保険パートナーのHDIが共同開発…
https://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=94356/
2020/05/20 05:59

コロナによるサプライヤーの物流影響 自動車メーカーの本格稼働に備え 試される安定供給網|部品・素材|紙面記事

現状ではサプライチェーンへの目立った影響はないが... 新型コロナウイルスの感染拡大が世界中の自動車生産活動に影響を及ぼす中、サプライヤーの部品物流に与えるインパクトは現状では小さいようだ。海上、航空輸送ともに減便が発生しているものの、現時点で自動車メー…
https://www.netdenjd.com/articles/-/232591
2020/05/20 05:08

コロナ後の自動車・航空機業界は大激変!BtoCビジネスはおしまい | 電機・自動車の解毒 | ダイヤモンド・オンライン


新型コロナウイルスの感染が終息しても、コロナ前の世界にはもう戻れないだろう。ただでさえ、消費が低迷しているというのに、人々の価値観と生活スタイルは激変しており、移動需要の一部は“蒸発”しそうだ。移動に関わる自動車や航空機業界は、ビジネスモデルの解体的見直しを迫られそうだ。
https://diamond.jp/articles/-/236739
2020/05/20 05:50

2020年5月20日 自動車・ロボット | 日刊工業新聞 電子版

日刊工業新聞の電子版。日刊工業新聞が紙面で提供している、およそ250件の記事を毎日閲覧することができます。機械、技術、情報通信、エネルギー、産業などの専門情報をご提供します。
http://www.nikkan.co.jp/spaces/view/0053225
2020/05/20 05:01

大分県北の自動車産業 苦戦  仕事半減「億単位の損失」 – 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate

大分合同新聞プレミアムオンライン「Gate」では、大分県内ニュースを中心に速報、イベント情報や世界の主要報道などを掲載しています。
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2020/05/20/JD0059233003
2020/05/20 03:06

三菱自、3年ぶり赤字 – NNA ASIA・日本・自動車・二輪車

【共同】三菱自動車が19日発表した2020年3月期連結決算は、純損益が257億円の赤字(前期は1,328億円の黒字)だった。赤字は燃費不正問題で1,985億円の巨額赤字となった17年3月期以来3年ぶり。米中貿易摩擦による中…
https://www.nna.jp/news/show/2045958?id=2045958
2020/05/20 00:06

CASE時代の自動車ビジネスの大前提となるセキュリティ対策 – サイバーセキュリティ認証の取得が鍵を…:日経クロステック Active


 近未来のクルマは、既に現代のクルマに対応されはじめているCASE(Connected、Autonomous/Automated、Shared、Electric)の4軸をさらに拡張する形で、進化していくことが確実である。かつて精密な機械の塊だった自動車は、電気/電子システムの塊へと変貌しつつあり、今では、利便性や快適性、環境性能の向上に向けた機構だけでなく、安全性の確保や走る・曲がる・止まるといった基本機能に関わる機構までが電子システムで制御されている。しかも、スマートフォンと同様にネットに常時接続し、車外の道路交通システムや管理システムなどと連動して走行するようにもなった(図1)。
https://active.nikkeibp.co.jp/atcl/sp/b/20/04/21/00183/?i_cid=nbpnxta_top
2020/05/20 00:04

自動車販売、実力差広げる「2割減」時代 谷はリーマン後より深く:日経ビジネス電子版


5月に入って都市封鎖(ロックダウン)が緩和され、米国や欧州で自動車工場の操業が再開し始めた。ただ、2020年の世界販売台数は前年比2割減になりそうで、生産能力の調整が避けられないメーカーも出そうだ。それでも固定費は重く次世代技術への投資も不可欠。体力や経営力の違いにより、実力差が広がる公算が大きい。
https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/depth/00612/
2020/05/20 00:00

RELATED POST