水素自動車

水素自動車ニュースヘッドライン 2020/05/16

燃料電池電気自動車を普及させる意味——安藤眞の『テクノロジーのすべて』第51弾|MotorFanTECH[モーターファンテック]


20年ほど前は「究極のエコカー」ともてはやされながら、最近、ほとんど話題にならなくなった燃料電池電気自動車(FCEV)。かつては世界中の主要メーカーが試作車を仕立て、「量産化間近!」と喧伝していたが、現在までに市販化された乗用車は、トヨタのMIRAIとホンダのクラリティFUEL CELL、ヒュンダイのNEXOの3機種に止まる。今年の秋にはMIRAIがフルモデルチェンジを予定しているが、果たしてFCEVは普及に向かうのか? 今回は、FCEVを普及させる意味について考えてみよう。 TEXT:安藤 眞(ANDO Makoto) PHOTO/FIGURE:TOYOTA
https://motor-fan.jp/tech/10014778
2020/05/16 12:02

水素自動車ニュースヘッドライン 2019/12/24MIT Tech Review: 国産小型ロケット「イプシロン」は宇宙ビジネス時代をどう戦うか? 世界的に人工衛星の打ち上げ需要が拡...

仁川空港に水素ステーション設置へ – NNA ASIA・韓国・自動車・二輪車

韓国の仁川国際空港公社が、仁川空港内を運行するシャトルバスを燃料電池バスに順次入れ替えるのに合わせ、水素ステーションを設置する計画だ。 空港公社は12日、現代自動車とエアリーリキッドコリア、水素エナジ…
https://www.nna.jp/news/show/2043367
2020/05/15 12:13

RELATED POST
今こそ観光産業は気候変動への取り組みを、OTAに求められるリーダーシップ、観光でガソリン車利用を中止すべき【外電コラム】 | トラベルボイス
水素自動車

水素自動車ニュースヘッドライン 2021/01/04

  • 今こそ観光産業は気候変動への取り組みを、OTAに求められるリーダーシップ、観光でガソリン車利用を中止すべき【外電コラム】 | トラベルボイス
  • 「電気自動車充電器」が24位にランク、EV普及の重要設備として注目<注目テーマ> - 株探
  • 他4件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン