水素自動車

水素自動車ニュースヘッドライン 2020/04/27

メーカーの垣根を越え環境を守る! ボルボとダイムラートラック、燃料電池量産化で協業(MOTA) – Yahoo!ニュース


ダイムラートラックAGとボルボ・グループは、2050年までに持続可能な輸送とCO2ニュートラル化を達成する政策案「欧州グリーンディール構想」について、新たな合弁事業の設立に向け予備的合意に達した。こ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200427-00010002-autoconen-bus_all
2020/04/27 11:51

所沢温泉 湯楽の里
【現地レポ】所沢温泉 湯楽の里にいってきました。スタッフの対応よし。料金安め。地元密着。客のマナーが悪いのが気になりました。 湯楽はもうすこし行きやすいところにつくってくれればいいの...

12年前の「16Xそして次期マツダRX-7への期待」REの進歩はこれからが本番だ ロータリーエンジンの可能性11|MotorFan[モーターファン]


2009年4月に刊行されたMotor Fan illustrated Vol.19「ロータリー・エンジン 基礎知識とその未来」の特集の掉尾を飾った牧野茂雄氏の「キーノート」を再録する。12年前、マツダのロータリーはここまで来ていたのだ。リーマンショックがなければ、あるいは我々は新しいロータリーを体験できていたのか……? 以下は12年前の「マツダ ロータリーエンジンへの期待」である。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 次世代REである16Xの市場投入は2010年代初頭が予定されている。 最初の搭載車は、その存在がウワサされている次期RX-7になるのだろうか。 「主流になれないエンジン」と言われるREだが、けして「未来のないエンジン」ではないことを強調しておきたい。 PHOTO & STORY : 牧野茂雄(Shigeo Makino)
https://motor-fan.jp/article/10014458
2020/04/27 07:05

RELATED POST