水素自動車

水素自動車ニュースヘッドライン 2020/04/21

ボルボ、ダイムラートラック/燃料電池量産化に向け合弁事業 | LNEWS

商用車業界の大手2社であるダイムラートラックAGとボルボ・グループは4月21日、2050年までに持続可能な輸送とCO2ニュートラル化を達成する政策案である「欧州グリーンディール構想(European Green Deal)」を共有し、新たな合弁事業の設立に向けて、法的拘束力をもたない予備的合意に署名したと発表した。
https://www.lnews.jp/2020/04/m0421311.html
2020/04/21 17:29

GOTO キャンペーンは、温泉にドライブで。県外移動の心得も!コロナ復興!温泉へ行こう!GO TOキャンペーンは2020年8月開始か!温泉地や旅先は安全なのか取り組み紹介!人気温泉の対策や県外移動の...

車でコンセントを使う方法とは?シガーソケットへの取り付けや変換用品についても | MOBY [モビー]


車内でコンセントを使うことができるカーインバーター。カーインバーターは車の12V電源を家庭用100V電源へと変換できる優れものです。簡易的なものではシガーソケットに差し込むだけで使用可能ですが、使用の際には注意点があります。高度な使い方とともにご紹介します。
https://car-moby.jp/article/automobile-supplies/automobie-item/car-inverter/
2020/04/21 14:25

光南工業:水素ステーションを開設|MotorFanTECH[モーターファンテック]


アイシン精機の関連子会社である光南工業は、日本水素ステーションネットワーク合同会社(JHyM)と共同で、愛知県刈谷市に水素ステーションを開設することを決定した。2021年4月の開業を目指し、準備を進めていく。
https://motor-fan.jp/tech/10014482
2020/04/21 12:09

さいたま清河寺温泉
ムードおしのドライブなら、さいたま清河寺温泉できまり!さいたま清河寺温泉|プチ旅行を味わいたいならココ!雰囲気なら勝ち組の平720休820の天然温泉。お風呂目当ての人は注意が必要。もう少しひ...

現代車、水素燃料電池システムを米国・欧州に輸出(中央日報日本語版) – Yahoo!ニュース

現代(ヒュンダイ)自動車が水素燃料電池システムを米国と欧州に輸出できるようになった。韓国産業通商資源部は20日、産業技術保護委員会の書面審議を経て、現代車の水素借用水素燃料電池システムの技術輸出の承
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200420-00000049-cnippou-kr
2020/04/20 17:16

RELATED POST
水素自動車

水素自動車ニュースヘッドライン 2020/04/01

  • 日本創生SDGsモデルをつくろう――第2回未来まちづくりフォーラム①基調講演 | SUSTAINABLE BRANDS JAPAN
  • 単位は、「km/kg」と「Wh/km」 2020年度から電気自動車(EV)も水素燃料電池車(FCEV)もWLTPに基づく燃費測定が義務化!|MotorFan[モーターファン]
  • 他1件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン
水素自動車

水素自動車ニュースヘッドライン 2020/04/23

  • ダイムラートラックとボルボ、商用車向け「燃料電池」量産化へ合弁 | ニュース | 環境ビジネスオンライン
  • 喉が渇いたらエンジンオイル飲め!? 007に登場したボンドカー以外の気になるクルマたち(MOTA) - Yahoo!ニュース
  • 他1件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン
水素自動車

水素自動車ニュースヘッドライン 2020/02/10

  • ビル・ゲイツ、環境に優しいスーパーヨット「Sinot Aqua」を発注。水素燃料電池で長距離航行可能 - Engadget 日本版
  • ビル・ゲイツ、環境に優しいスーパーヨット「Sinot Aqua」を発注。水素燃料電池で長距離航行可能 - Engadget 日本版
  • 他1件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン
水素自動車

水素自動車ニュースヘッドライン 2020/04/22

  • 【孤高のロータリースポーツ】マツダはなぜRX-8を生み出せたのか!? | 自動車情報誌「ベストカー」
  • ダイムラーとボルボ、燃料電池量産に向けて合弁設立…2020年代後半に実用化へ | レスポンス(Response.jp)
  • 他3件
時代のすべてがここにあるWEBマガジン 自動車関連ニュースヘッドライン